本文へスキップ

先輩職員の声

伏見 京佑(平成26年就職 救急病棟勤務)

「一人ひとりへの関わりが成長に繋がる」

私は現在、救急病棟に勤めています。入職したての頃は新しい環境で、覚えることも多く大変な時期もありました。また、学生とは異なり社会人としての責任感や報連相の重要性など戸惑うことも多くありました。しかし、プリセプターやサポーター、先輩や同期のスタッフに支えられ、看護師として社会人として成長できたと実感しています。 この職場で間もなく2年が経とうとしていますが、様々な疾患の患者さんが来られるため、まだまだ覚えることも多く、一人ひとりへの関わり全てが自分の成長に繋がっていると感じています。 辛い時期もあるかと思いますが、それを乗り越えて得られるものは大きいと思うので、お互いに頑張っていきましょう。

田中 成美(平成26年就職 総合7階西病棟勤務)

「何事にも全力で取り組み成長」

私は現在、希望していた循環器・心臓血管外科で勤務しています。はじめは分からない事やできない事がたくさんあり、悔しい思いをしていました。そんな時にプリセプター、サポーターをはじめとした病棟スタッフの皆さんが優しく丁寧に指導し、支えてくれました。2年目になり出来ることも多くなり、スタッフの皆さんと楽しくやりがいをもって仕事に取り組んでいます。まだまだ未熟なので、これからたくさんの事に全力で取り組み成長していこうと思います。 これから皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。一緒にがんばりましょう。
      

井上 綾乃(平成26年就職 総合7階東病棟)

「患者さん・スタッフと毎日笑顔で」
私は現在、脳神経外科・神経内科急性期病棟に勤務しています。初めは分からないことの連続で失敗したり、患者さんへ十分な看護が提供できない自分の力の無さに悔しさを感じ涙する事もありました。しかし、サポーター・プリセプターをはじめ、病棟スタッフのみなさんに励まされ、日々成長しています。当病棟は脳外科の急性期から神経難病まで幅広い患者さんと関わり、個々にあった看護を考え実践することができます。患者さんとの関わりの中で感謝の言葉を頂いたときはとてもうれしさを感じます。このように患者さん・スタッフと毎日笑顔を絶やさずに過ごしています。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。共に目標に向かって頑張りましょう。
      

外島 由貴(平成26年就職 総合7階南病棟勤務)

「夢だった看護師として働くやりがい」

私は、脳外科・神経内科の慢性期病棟に勤務して2年が経とうとしています。状態が落ち着いた方が入院されている事が多いのですが、最近では急性期や他科疾患の患者さんも入院されることも多くなったため、日々たくさんの事を学べています。病棟の先輩スタッフも優しく丁寧に指導してくださり、とても働きやすい環境です。 ずっと夢だった看護師として働くことができ、やりがいを感じています。初心を忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います。 みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

橋 香(平成26年就職 総合6階東病棟勤務)

「研修体制の充実」
私は現在、整形外科病棟に勤務して2年が経とうとしています。 整形外科病棟は、青年期から老年期の患者さんが入院されています。入職したばかりの頃は幅広い年齢層に驚きました。 また、コミュニケーションが図れない患者様も居ます。痛みの程度など会話では確認できない場合も多くありました。そんな時は、先輩方が一緒に観察してくれその都度アドバイスしてくれました。仕事で失敗した時は、親身に相談に乗ってくれるので次に生かす事が出来て います。 当院の、新人研修はとても充実していると思います。社会人としてのマナーを始め、基本的な看護技術を学ぶ事ができます。みなさんと一緒に働けるのを楽しみにしています。
      

緑川 敦子(平成26年就職 総合8階西病棟)

「患者さんと関わることで活力、成長できるチャンス」
私は現在、消化器外科・耳鼻咽喉科病棟で勤務しています。手術前後の急性期で関わりつつ、ターミナル期の看護にも携わっています。病棟は変化が激しく、1年以上経っても自分の未熟さを痛感しています。時には失敗で落ち込むこともありますが、いつも先輩方が励まし、指導してくださいました。そして、笑顔を与えてくれる患者さんのおかげで頑張る意欲がわき、日々の業務を乗り越えられることができているのだと思います。 看護には様々な体験、出会いがあります。その一つ一つが自分を成長させるチャンスだと捉え、そのチャンスを大切にこれからもがんばっていきたいと思います。

浅井 新太郎(平成25年就職 総合8階東)

「楽しく成長できる」
私は現在消化器内科病棟で働いています。毎日が忙しく日々の業務をこなすのが精一杯で、自分の知識・技術の未熟さに落ち込むことがあります。そんな時は必ず周りの先輩方が話を聞いてくださり、アドバイスを頂いています。そのおかげで毎日不安なく働くことができています。 現在は業務にも慣れ患者さんに寄り添う看護が提供できるよう、一歩ずつ成長している途中です。大変なこともありますが、毎日が充実していて楽しいです。これからも困難を乗り越えながら成長していきたいと思っています。 病院でみなさんをお待ちしています。

五十嵐 恵(平成25年就職 総合10階西)

「患者さんからの『ありがとう』が頑張れる力」
私は特別病棟に勤務しています。特別病棟は全科対応で、緩和ケアの患者さんも入院しています。入職前から緩和ケアに興味を持っていたので毎日たくさんのことを学んでいます。 新人としての1年間は環境に慣れていくことで精一杯で毎日不安ばかりでしたが、プリセプター、サポーターの先輩をはじめ病棟全体で常にフォローしていただいています。1年間の中では自分の未熟さを痛感して涙を流すこともありましたが、先輩方からのアドバイスを頂いたり、患者さんからの「ありがとう」の一言で明日から頑張ろうという気持ちになれました。失敗から得る学びは多く、失敗は次の経験に活かすきっかけにもなるので一つ一つ振り返るようにしました。失敗することを恐れずチャレンジすることで日々成長していけるのだと実感しました。 学生の皆さんも自分の夢に向かって頑張ってください。一緒に働ける日を楽しみにしています。

小原 いづみ(平成25年就職 総合9階西)

「患者さんやご家族の笑顔がみられるように」
私は現在、内科糖尿病科病棟に勤務して1年になります。就職当初は分からない事ばかりで責任の重さや様々な現実に直面し、不安でいっぱいでした。しかし、疑問や不安に常に耳を傾けてくれるプリセプターはじめ先輩スタッフの支えや指導があったからこそ、毎日充実した日々を送ることができたと思います。また、患者さんの笑顔や言葉に励まされることも多く、看護師になってよかったと感じています。 これからも常に目標を持ち、信頼される看護師をめざし頑張っていきたいです。 みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています 。


>
看護部日記




竹田綜合病院 フェイスブックページ

バナースペース

【お問い合わせ】

一般財団法人竹田健康財団
法人事務局 人材開発課

〒965-8585
福島県会津若松市山鹿町3番27号

TEL 0242-29-9893
FAX 0242-27-5670
E-mail jinji@takeda.or.jp

竹田健康財団 ロゴマーク一般財団法人 竹田健康財団